志賀町の誕生

 

 

 

 明治21年(1888)に「市町村制」が公布され、22年(1889)4月に施行されました。

 それに伴い、富来地区の68ケ村が福浦村、熊野村、富来村、稗造村、東増穂村、西増穂村、西海村、西浦村の八ケ村となりました。

 

同じく、 明治22年(1889)に高浜町、上甘田村、中甘田村、下甘田村、加茂村、堀松村、志賀浦村、東土田村、西土田村、上熊野村が誕生しました。

後列;守田志賀浦助役、沢田上天田村長、森下甘田村長、小林加茂村長、辻西土田村長、尾崎東土田村長

前列;前村上熊野町長、新谷堀松町長、神田中甘田町長、南高浜町長

昭和15年(1940)東土田村と西土田村が合併し、土田村になりました。

平成7年に新築された富来町役場

昭和29年(1954)富来町八ケ町村(福浦、熊野、富来、稗造、東増穂、西増穂、西海、西浦)が合併し、人口1万6070人の富来町が誕生しました。

歴代町長

       

S29〜浜辺半七郎 S37〜岡田秀造 S41〜冨地重内

        

S45〜町居一郎  S49〜雲田登  S57〜松田佑興

 

昭和29年(1954)志賀浦町、堀松村、加茂村、土田村、上熊野村が合併し志賀町に。上甘田村は羽咋町に合併。

昭和30年(1955)上中山(山林所有者の関係で羽咋町に編入)以外の下甘田村が志賀町に編入し、人口1万4741人の第二次志賀町が発足しました。

            

初代町長小泉久平  S33〜S45町長 尾崎利一

 

昭和30年(1955)中甘田および谷(羽咋町に合併した上甘田の一部)が高浜町と合併し人口6108人の高浜町が誕生しました。

           

初代町長 加藤卓三 S34〜S45町長 南浩三郎

 

 昭和45年(1970)志賀町と高浜町が合併して人口1万7123人の新志賀町が誕生

         

初代町長尾崎利一 S49〜野崎外雄 H2〜細川義雄

 平成17年(2005)志賀町と富来町が合併して人口2万6千人の志賀町が誕生しました。

 

   細川義雄志賀町長と松田佑興富来町長

      

志賀町章;志賀町が未来へ向かって飛翔する姿を頭文字の「S」で表現しています。雄大な日本海と能登半島のスケールの大きさや出会いと交流を青い円で、町を取り巻く豊な環境を緑のSで、未来に向かう町民の心をオレンジで表現しています。

H21.9〜 小泉勝町長